| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

粉引徳利

粉引藁灰徳利

還元で、徳利が一つ

焼き上がりました。

化粧土をかけるとき

がっと掴んで

勢いよく流したので

肩にも指跡が残ってしまいました。

でも、ちょっといい雰囲気です。



スポンサーサイト

| 徳利 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

が、しかし…。

徳くん4

徳くん5


綺麗に穴が開いてますな。

しかも、上下にも2分割状態。



横置きにしてあったのですが

狙い通り、自然釉が流れ

予測を上回り、目土も一緒に床と一体に。



外そうとノミを入れたら一発でした。



ほほぅ。



今回の窯は、これのみ。

| 徳利 | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの更新。

徳くん1

徳くん2

徳くん3

先日、焼締めの窯焚きをしました。

入っていた私のものは、この徳利、

一つだけでした。

口には、綺麗なビードロが流れています。

焦げと自然釉のコントラストが

ちょっといいでしょ。




| 徳利 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

徳利としても、

持手徳利

水差しとしても使えます。


酒器としては、

日本酒より、

ぶどう酒が似合う。

盃徳利

盃と一緒に並べると、

そんな気がします。

| 徳利 | 22:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

徳利

備前徳利

この徳利は、

水挽きの最後に、強く息を吹き込んで膨らませています。。


そうする事で

内側から、一気に圧力がかかり

全体的に、「ぱんっ」と張ってくる気がします。


外側から抑えた感じで形成するよりも

内側から押し出してくるような雰囲気が好きなのです。


まぁ、そうは言っても、

これを含め、そんな上手くは行かないですけどね。



はい。

明日から、また出張。

長野、岐阜を廻ってきます。

| 徳利 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。